PAPYRUS

アメリカの大学院でアスレティックトレーニングを学んでいます。考えたことや調べたことを残しておく目的でブログを書いています。

高校におけるアスレティックトレーニング

夏にコネチカット大学のKorey Stringer Institute (KSI) で働かせてもらって以降、高校でのアスレティックトレーニングについて考える機会が増えました。

 

KSIでは主にATLAS (Athletic Training Locations and Services)というプロジェクトに参加させていただき、全米中の高校のアスレティックトレーナーの雇用状況を調査するお手伝いをしました。インターンシップの体験記はこちらからご覧いただけます。

 

私が所属する大学院のプログラムではリサーチプロジェクトが必須ですが、私はATLASのデータを引き続き使わせていただき、アスレティックトレーナーの雇用状況を地理的な条件(都会、郊外、田舎など)で比べる予定です。

 

サンクスギビング休みのこの一週間、リサーチプロジェクトのために文献展望をつらつらと書いていましたが、その過程で思ったことをこのブログにも残しておこうと思います。

 

   f:id:miwakosuzuki:20171127003651j:plain

 

さて、本題です。日本にいたときに「日本のアスレティックトレーニングは遅れている。アメリカではもう高校にもアスレティックトレーナーがいるのは当たり前だ」という話を何度も聞いたことがありました。

 

確かに学部や大学院のアスレティックトレーニングプログラムには当たり前のようにいくつも高校の実習現場があり、アスレティックトレーナーの活動の場のひとつとして高校が根付いているのは紛れもない事実です。

 

ですが、ATLASプロジェクトに関わった経験を踏まえると、高校にアスレティックトレーナーがいる状況はまだアメリカでも「当たり前」ではないように思います。

 

2015年のリサーチでは、70%の公立高校、58%の私立高校で何らかの形でアスレティックトレーニング・サービスを提供しているとされました。1,2

 

70%と言うと高いようにも感じますが、フルタイムのアスレティックトレーナーを雇っているのは公立高校で37%、私立高校で28%です。1,2

 

「高校にアスレティックトレーナーがいる」と言うと、いつでもアクセス可能な常駐のアスレティックトレーナーがいるような印象を受けますが、実際にはパートタイムやクリニックから派遣されているアスレティックトレーナーも多いのです。

 

個人的な印象ですが、この点では「部活に週・月に数回来てくれる鍼灸師がいる」などの日本の高校でもあるあるな状況と大差はないようにも感じます。

 

アメリカもまさに「高校にフルタイムのアスレティックトレーナーを!」というプロモーションの最中なのです。

 

高校でのアスレティックトレーナーの雇用の始まり

文献展望を書いていて「なるほど」と腑に落ちた点がありました。それは高校でのアスレティックトレーナー雇用のプロモーションの始まりです。

 

そもそもアメリカでアスレティックトレーナーが医療従事者であるという前提は、1990年にAmerican Medical Association (AMA) がアスレティックトレーナーは医療従事者であるということを認めたことから始まります。

 

アスレティックトレーナーがスポーツに関連した傷害や疾患の予防やマネジメントに関する教育・トレーニングを積んでいることから、1998年にAMAはさらにアメリカの全高校がアスレティックトレーナーによるサービスを部活動に参加する全生徒へ提供することを強く推奨する文書を発表しました。3

 

部活動のメディカル・カバレッジの問題は、部活動の参加者が急増した1970年代前半から認識されており、古くは1980年代から医療、部活、高校経営等の専門的な団体の代表者が集まって高校のメディカル・カバレッジはどうあるべきかという議論がされてきました。1985年には「Appropriate Medical Care for Secondary School-Age Athletes Consensus Statement」という文書が発表され、それ以降、この文書は高校の部活生への適切なメディカル・ケアのガイドラインとして認識されています。4

 

ガイドラインの内容に関しては、少し長くなってしまうのでまた別の記事等でまとめられたらと思いますが、文献(英語)はこちらで読むことができます。

 

このガイドラインでは「アスレティックトレーナーを雇うべきだ」とか「アスレティックトレーナーの雇用を高校で促進するべきだ」などということが述べられている訳ではなく、あくまで、高校の部活動において適切なメディカル・ケアを提供するにはどのような知識・能力をもつ人材が必要かということを定義づけています。

 

1990年以降、アスレティックトレーナーの医療従事者としての認識の高まりも助長し、部活動の現場でのアスレティックトレーナーの価値が注目され始め、雇用が促進されるようになったのです。

 

つまり、部活動のメディカル・カバレッジに必要な人材を定義した結果、アスレティックトレーナーの持つ知識や能力がその多くの需要を満たし得ることがわかり、アスレティックトレーナーの必要性が認識されたということではないでしょうか。

 

アメリカでも、もともと部活動とアスレティックトレーニングがセットで考えられていた訳ではなく、部活動に適したメディカル・ケアを模索した結果、アスレティックトレーナーの雇用に繋がったという経緯には先人の努力を感じると同時に、日本の部活動への希望を見出すことができるように私は思いました。

 

日本でも高校でアスレティックトレーナーを雇うべきだという意見を時々耳にしますが、日本の現状を考えるとこれは必要なステップをいくつも飛ばしてしまっているようで、あまり現実的には思えません。

 

アスレティックトレーニングというひとつのプロフェッションに拘りすぎず、「部活動の安全性を高めるためにはどうすべきか」という職域を超えた大きな問いに対して、全国の高校が適応可能な小さな、けれど確実な変化を求めていくことで、明確な方向性が定められていくのではないでしょうか。

 

その方向の先に、「高校でのアスレティックトレーナーの雇用」が見えてくれば、私はアスレティックトレーナーを目指すものとしてとても嬉しく思います。

 

参考文献

1. Pike AM, Pryor RR, Vandermark LW, Mazerolle SM, Casa DJ. Athletic Trainer Services in Public and Private Secondary Schools. J Athl Train. 2017;52(1):5-11.

2. Pryor RR, Casa DJ, Vandermark LW, et al. Athletic Training Services in Public Secondary Schools: A Benchmark Study. J Athl Train. 2015;50(2):156-162.

3. Lyznicki JM, Riggs JA, Champion HC. Certified athletic trainers in secondary schools: report of the council on scientific affairs, american medical association. J Athl Train. 1999;34(3):272-276.

4. Wham GS, Saunders R, Mensch J. Key Factors for Providing Appropriate Medical Care in Secondary School Athletics: Athletic Training Services and Budget. J Athl Train. 2010;45(1):75-86.

 

FAAM 日本語版

少し前に患者立脚型評価のひとつであるFAAMについてブログで紹介しました⬇️ 

 

信頼性・妥当性ともに検証済みの日本語版FAAMの存在1も紹介しましたが、その記事を書いたときには実際のファイルは入手できずにいました。

 

ですが、六月末にあったNational Athletic Trainers' Association (NATA) のコンベンションでFAAMの翻訳、信頼性・妥当性の研究をされた上松大輔さんにお会いすることができたので、直接お聞きすることができました。

 

アクセス制限や使用料は設けずに公開しても良いと許可をいただいたので、このブログで公開させていただこうと思います。PDFのアップロードの仕方がわからなかったのでスクリーンショットの画像とDrop boxのリンクを貼ってみました。Drop boxのアカウントを持っていない人には見れないかもしれません。すみません。

 

英語版のFAAMを紹介した上のリンク先の記事でも述べましたが、質問紙による評価は主観的な機能を評価するのに包括的で便利な方法です。是非現場に取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

f:id:miwakosuzuki:20170704101213p:plain

f:id:miwakosuzuki:20170704101226p:plain

f:id:miwakosuzuki:20170704101241p:plain

f:id:miwakosuzuki:20170704101301p:plain

https://www.dropbox.com/home?preview=FAAM+JP.pdf

 

参考文献

1. Uematsu D, Suzuki H, Sasaki S, et al. Evidence of Validity for the Japanese Version of the Foot and Ankle Ability Measure. Journal of Athletic Training (Allen Press). 2015;50(1):65-70.

 

スポーツ中の突然死 - 心臓疾患とメディカルチェック

6月5日から3ヶ月弱、「スポーツ中の突然死を防ぐ」というミッションを掲げ最先端の研究や教育活動を行う、Korey Stringer Instituteという機関でインターンシップをさせていただけることになりました。

🔽KSIの紹介動画です。


熱中症のことが主になるとは思いますが、正直どんなことが待ち受けているのかわかりません(ドキドキ75%・心配25%!!!)。何か予習的なことができればと思っていましたが、以前からメディカルチェック(アメリカでよく使われる用語ではPPE: preparticipation physical evaluation)のことについて調べたかったので、今回はメディカルチェックと心臓系の突然死について調べてみようと思います。

 

アメリカではスポーツ中・直後に起きる突然死のうち、心臓の疾患に由来するものが最も多いと報告されています。1 日本の報告を見ても、平成11年度から20年度の10年間で学校で起きた突然死のおよそ71%が心臓系の疾患であったとされています。2

 

35歳以下の若いアスリートの間で、突然死の原因となる心臓疾患として最も多いのが、肥大型心筋症(HCM: hypertrophic cardiomyopathy)です🔽。1

f:id:miwakosuzuki:20170528001612p:plain

(🔽の動画は英語ですが、肥大型心筋症の説明です。 )


従って、メディカルチェックで肥大型心筋症を発見し、その人口に対してリスクをマネジメントするということが、完璧ではないけれど、最も多くの命を救う可能性のある突然死の予防方法ということになるのではないでしょうか。

 

イタリアのVenetoという地域では、1979年から競技スポーツを行う35歳以下の人口に対して心臓・循環器系のスクリーニングを行っています。3,4

1998年の報告3では、スクリーニングで肥大型心筋症を発見し、運動制限を設けることで肥大型心筋症が突然死の主要な原因ではなくなったことがわかり、さらに2006年の報告4では、スクリーニングを導入したイタリアのVenetoという地域で突然死の発生率が1979年から2004年までの25年間で約1/10にまで減少したことがわかりました🔽。

 

f:id:miwakosuzuki:20170528020311p:plain

このイタリアで行なわれているスクリーニングには家族歴、既往歴*(personal history)、身体検査、心電図が含まれていて、各検査の陽性の条件は以下の通りです🔽

* 既往歴というと過去に罹患した病気の記録、というようなイメージがありますが、ここでは「失神や運動中の胸の痛みを経験したことがある」などの言うなれば「症状歴」という感じだと思います(しっくりくる日本語がないのでとりあえず「既往歴」と書きます)。

f:id:miwakosuzuki:20170528050122p:plain

このイタリアの取り組みは肥大型心筋症による突然死の発生率を大幅に減少させたひとつの成功例ではありますが、メディカルチェックのエビデンスは実はまだまだ蓄積されていません。5

 

その理由としては、メディカルチェックの方法や記録用紙が学校や所属するチームによってバラバラで統一されていないことやメディカルチェックの質問紙の信頼性・妥当性が検証されていないことが挙げられます。5

 

また、イタリアの例では心電図もスクリーニングに組み込まれていますが、心電図をメディカルチェックに取り入れるべきかどうかも明確なガイドラインがある訳ではありません。1,5 ポジション・ステイトメントでは既往歴や家族歴から詳しい検査が必要とされた場合以外には心電図などの検査はルーティーンとして行われなくても良いという書き方をされています。1

アスリートの心臓疾患の評価・診断でとても難しいのは、スポーツ心臓(強度の高い競技トレーニングへ適応して心臓の状態)と肥大型心筋症の区別が難しいことだと言われていますが、心電図においてもスポーツ心臓は異常な波形を示すこともあり、そのため心電図のsensitivity(51%)やspecificity(61%)はそれほど高くなく、positive predictive value(true positiveの割合)はわずか7%であるという報告もあるのです。6

 

この心電図の限界を踏まえると、大きな人数(例えば大学の部活に所属する全学生や体育を履修する全学生など)のメディカルチェックの際には心電図はコストパフォーマンスは高くないのかもしれません。

 

話は戻りますが、このように、心臓・循環器系のスクリーニング(既往歴や家族歴、聴診や血圧測定などの身体検査、心電図など)のうち、どの構成要素が心臓疾患を発見するのにより高い正確性(sensitivityやspecificity)を持っているのかなどのエビデンスはまだまだ充分ではないというのが現状のように感じます。

 

ですが、そんな現状だからこそ、いち早く心臓疾患のスクリーニングをメディカルチェックに取り入れて、分析するためのデータを蓄積し始めることが大切ではないかと思うのです。

 

『学校保健法施行規則の一部改正に伴う定期健康診断のガイドラインについて』7という宮城県教育庁スポーツ健康課課長の松本文弘さんという方が書かれた文書をオンラインで見つけました。これは『児童生徒等の健康診断マニュアル』という文部科学省が発行しているマニュアルを参考にしたもののようで、多くの学校で実際に使われているのもなのではないかと予想しています。この文書で紹介されている健康調査票を見ると、心臓・循環器系のスクリーニングは心臓病の既往歴と内科系のいくつかの質問という内容でした🔽。

f:id:miwakosuzuki:20170529102954p:plain

f:id:miwakosuzuki:20170529103033p:plain

 

一方、American Heart AssociationやNATAなどの組織から推奨される、American Academy of PediatricsのPPE(pre-participation physical examination;メディカルチェック)のフォームでは、既往歴や家族歴の質問が充実しており、血圧検査はもちろん、心音の聴診なども含まれています🔽。

f:id:miwakosuzuki:20170529110656p:plainf:id:miwakosuzuki:20170529110727p:plain

 

学校では部活動だけでなく、体育の授業やマラソン大会、運動会などでほぼ全ての生徒が運動に取り組むことになるので、学校での健診がもう少し心臓疾患のスクリーニングという観点を取り入れたらもっと良くなるのではないかと思ったのが私の感想です。

 

最後に、独立行政法人 日本スポーツ復興センターによる 『運動中における突然死(心臓系)の事故防止について』というレポート2から心臓疾患の災害の事例を紹介して終わりにしたいと思います🔽。事例を見ると、突然死はまさに私たちが経験してきた体育や部活の中で起きていることがわかります。その場にもし私がいたら、と思うととても怖くなりますが、これらが私が将来アスレティックトレーナーとして立ち会うケースになるのかもしれないのです。予防すること、それから、実際に起きた時のために準備を怠らないことはスポーツ現場で働く限り努めなければならない最低限の義務だといつも思います。

 

f:id:miwakosuzuki:20170528004736p:plain

f:id:miwakosuzuki:20170528004753p:plain

f:id:miwakosuzuki:20170528004807p:plain

f:id:miwakosuzuki:20170528004821p:plain

f:id:miwakosuzuki:20170528004836p:plain

 

 

参考文献

1. Conley KM, Bolin DJ, Carek PJ, Konin JG, Neal TL, Violette D. National Athletic Trainers' Association position statement: Preparticipation physical examinations and disqualifying conditions. J Athl Train. 2014;49(1):102-120.

2. 運動中における突然死(心臓系) の事故防止についてhttp://www.jpnsport.go.jp/anzen/Portals/0/anzen/branch/nagoya/pdf/totsuzenshiall.pdf: 独立行政法人 日本スポーツ振興センター; 2012.

3. Corrado D, Basso C, Schiavon M, Thiene G. Screening for hypertrophic cardiomyopathy in young athletes. N Engl J Med. 1998;339(6):364.

4. Corrado D, Basso C, Pavei A, Michieli P, Schiavon M, Thiene G. Trends in sudden cardiovascular death in young competitive athletes after implementation of a preparticipation screening program. JAMA 2006;296(13):1593.

5. Wingfield K, Matheson GO, Meeuwisse WH. Preparticipation Evaluation: An Evidence-Based Review. Clin J Sport Med. 2004;14(3):109-122.

6. Pelliccia A, Maron BJ, Culasso F, et al. Clinical significance of abnormal electrocardiographic patterns in trained athletes. Circulation. 2000;102(3):278-284.

7. 松本文弘. 学校保健法施行規則の一部改正に伴う定期健康診断のガイドラインについて. 宮城県教育庁スポーツ健康課; 2016.

 

 

 

 

腰か仙腸関節か - 仙腸関節機能障害のスペシャルテスト

前のセメスターで下肢の評価を学びました。その中で仙腸関節の評価も少し触れて、面白いなと思ったことがあったので書いておきたいと思います。

 

仙腸関節の痛みは仙腸関節が位置するお尻のあたりに出ることが多いですが、腰椎や仙骨からの症状と似ているときがある上に、仙腸関節の痛みを引き起こす特有の動きや姿勢がないことから、仙腸関節の機能障害を診断・評価するのはとても難しいと言われています。1

  f:id:miwakosuzuki:20170523070638j:plain

また、仙腸関節の評価は症状の観点だけではなく、身体検査(physical examination)の観点でも難しいと言えます。これは何故かと言うと高い正確性を持った仙腸関節の機能障害のためのスペシャルテストがないからです。1,2

 

そこで仙腸関節の機能障害のrule-in・rule-outの方法として授業で学んだのは5つのスペシャルテストを「スペシャルテスト群」として用い、その5つのうち3つ以上が陽性だった場合に仙腸関節の機能障害が陽性であるとする考え方です。1,3

そのスペシャルテスト群を構成する5つのテストはCompression Test、Distraction Test、Thigh Thrust Test、Geanslen Test、Sacral Thrust Testです。1,3 下にそれぞれのテストの動画を貼りましたので、そちらをご参照ください。

 

Compression Test


Distraction Test


Thigh Trust Test


Geanslen Test


Sacral Thrust Test


それぞれのスペシャルテストの正確性に関するデータは🔽の表の通りです。Thigh thrust testが最も高いsensitivity (0.88) を持っていて、Distraction testが最も高いspecificity (0.81) を持っていることがわかりました。1 これらの数値から考えると、thigh thrust testとdistraction testが両方陽性であれば、決定的とは言えなくてもかなり高い確率で仙腸関節の機能障害があると言えるでしょう。

f:id:miwakosuzuki:20170524052058p:plain

 

🔽の表は5つ(Gaenslen testは左右両方テストするので実質的には6つ)のテストのうち、いくつ以上陽性があるかで正確性を比べています。

f:id:miwakosuzuki:20170524052024p:plain

注目すべき点は以下の2点です。

▶️1 or more positive tests (ひとつ以上陽性) の場合のsensitivityは1.00。つまり5つのテストが全て陰性であれば仙腸関節機能障害はrule-outできるということ。

▶️3 or more positive tests (三つ以上陽性) の場合、sensitivityを下げずにspecificityを上げることができる。つまり、三つ以上陽性があったかどうかで機能障害があるかどうかを判断した場合に最も正確に評価・診断できるということ。

 

また、gaenslen testを除いた4つのテストのうち2つ以上陽性、という場合にも高いsensitivityとspecificityを保つことができることがわかりました🔽。

   f:id:miwakosuzuki:20170524061108p:plain

🔽のチャート1、とてもわかりやすいと思ったので貼ってみました。ここで推奨される評価の流れは、臀部痛を訴える患者にまず最初に高いsensitivityとspecificityを持つthigh thrust testとdistraction testを試し、両方陽性だったら仙腸関節機能障害をrule-in。そうでない場合、他のテストを試し、最終的に(gaenslen testを除く4つのテストのうち)2つ以上が陽性であればrule-in。全て陰性であればrule-out、というものです。

f:id:miwakosuzuki:20170524052915p:plain

 

ここで少し紛らわしいのは、椎間板に問題があって腰部や臀部に痛みが出ている場合、仙腸関節に問題がなくても上で紹介したようなスペシャルテストが陽性になってしまう点です。3 その問題を解決するには🔽のチャートに示されたように仙腸関節のテストをする前にその痛みが椎間板由来かどうかを確かめることが重要であると言われています。3 

                      f:id:miwakosuzuki:20170524223447p:plain

 

痛みが椎間板由来かどうかを判断するのに、ここで紹介している研究3で使用された方法はマッケンジー・アセスメント(McKenzie Assessment)という方法です。

🔽の図(参考文献4の論文より)のような動作を繰り返した時の症状を観察します。3 痛みなどの症状が末梢へ出たり(peripheralization*)、末梢に出ていた症状が中枢へ来たり(centralization*)したら、その症状は椎間板由来とします。3

*centralizationやperopheralizationなどの用語を深く理解するには元の文献を読まれることをお勧めします。うまく日本語にできているかわからないので...

f:id:miwakosuzuki:20170525004531p:plain

 

マッケンジー・アプローチのレビュー5の中でわかりやすい(?)表があったので貼ってみました🔽椎間板由来の痛みはDerangementsに分類されます。

f:id:miwakosuzuki:20170525003123p:plain

椎間板由来ではない腰痛は最終域で痛みが観察されるのに対し、椎間板由来の腰痛は最終域に到達する前から、動かしている段階でも痛い、という点も評価の際に役立つかもしれません。5

 

最初に椎間板由来の痛みをrule-outすることで、仙腸関節の「スペシャルテスト群」の正確性がより高まったことも報告されており、3 腰部や臀部の評価はより包括的はアプローチが大切だなと思いました。

 

参考文献

1. Laslett M, Aprill CN, McDonald B, Young SB. Diagnosis of sacroiliac joint pain: validity of individual provocation tests and composites of tests. Man Ther. 2005;10(3):207.

2. Dreyfuss P, Michaelsen M, Pauza K, McLarty J, Bogduk N. The value of medical history and physical examination in diagnosing sacroiliac joint pain. Spine. 1996;21(22):2594-2602.

3. Laslett M, Young SB, Aprill CN, McDonald B. Diagnosing painful sacroiliac joints: A validity study of a McKenzie evaluation and sacroiliac provocation tests. Aust J Physiother. 2003;49(2):89-97.

4. Machado LA,Tulder M, Lin CC, Clare H, Hayden JA, Costa LM. The McKenzie method for chronic non-specific low-back pain (Protocol). Cochrane database of systematic reviews. 2012.

5. Donelson R. The McKenzie approach to evaluating and treating low back pain. Orthop Rev. 1990;19(8):681.

 

 

 

FAAM - 患者立脚型評価

今回は患者立脚型評価 (patient-reported outcome) のひとつであるfunctional ankle ability measure (FAAM) を紹介しようと思います。

 

まず、患者立脚型評価とは何かというと、傷害や疾患に関して患者自身が行う評価です。多くの場合、質問紙形式で、患者はそれぞれの質問に関して最も当てはまる答えを選択肢の中から選ぶ、というとてもわかりやすいものです。

 

今回取り上げたいと思ったのはこちらのFAAM⏬

f:id:miwakosuzuki:20170212123833p:plain

f:id:miwakosuzuki:20170212123831p:plain

f:id:miwakosuzuki:20170212123946p:plain

 

FAAMには2つのスケールがあり、上はADLに焦点を当てたもの、下はスポーツ活動に焦点を当てたものです。

ADLのスケールでは、例えば、立つこと平らな地面を歩くこと裸足で歩くことなどがどれくらい難しいか(全く難しくない、少し難しい、まあまあ難しい、とても難しい、不可能)を答えます。

 

このような質問紙を使うメリットは普段の問診ではあまり聞かないこと、または聞き忘れてしまうことを含めて足部や足関節の機能に関して、網羅的に患者の情報を得られることがまず第一にあげられると思います。

 

また、ここで評価される足部・足関節の機能はクリニシャンが測ったものではなくて、患者自身がどのようにそのコンディションを認知しているかを測るものです。アメリカのヘルスケアではpatient-centered careといって患者の価値観や好み、ニーズに応じたケアを提供することが大切だとされています。このような質問紙を用いることで、患者自身がそのコンディションに対してどのように思っているのかを評価することができ、患者の価値観やニーズと照らし合わせて、治療やリハビリにおいて、何を優先すべきなのかという判断をより効率的にできるかもしれません。

 

また、結果は数値化されるので、定期的に質問紙を用いた評価を繰り返し、クリニシャンが提供しているリハビリのプログラムが有効かどうかをその数値の変遷をもとに判断することもできます。

 

FAAMに関するエビデンスを紹介すると、信頼性(reliability)、妥当性(validity)ともに高く(test-retest reliability: ICC=0.87-0.89)、検出可能な最小限の変化(minimal detectable change; 95%CI)はFAAM-ADLが5.7ポイント、FAAM-Sportsが12.5ポイントです。1

f:id:miwakosuzuki:20170520225446j:plain

 

上の画像は⏬のリンク先のウェブページからいただきました。妥当性と信頼性の説明もこちらでされています。

検出可能な最小限の変化とは、測定のエラーではなく実際の変化が起こったことによるスコアの変化の最小値です。FAAM-ADLの検出可能な最小限の変化は5.7ポイントなので、FAAM-ADLのスケールのスコアが5.7ポイント以上上がったら実際に足部・足関節の機能は向上されたと言えるということです。

 

スコアの計算の仕方は、各質問項目にて得られたポイントを合計し、FAAM-ADLはそのスコアを84で割って100をかけた値、そしてFAAM-Sportsは32で割って100をかけた値がそれぞれの最終スコアです。0が最小、100が最大で、100が最も良い値です。1

 

2015年にFAAM日本語版の妥当性・信頼性も証明されているようですが2、日本語でググってもそれらしい質問紙を見つけられることはできませんでした。日本語版のFAAMはどうやったら使用できるのでしょう??(おそらく私の日本の大学の出身ゼミで翻訳と妥当性・信頼性の研究が行われたのだと思いますが...)

 

患者立脚型評価がアスレティックトレーニングでも盛んに取り入れられるようになった背景は、アスレティックトレーニングという分野が他のヘルスケアの分野(例えば理学療法士など)に比べて少し遅れをとっているという現状が関連すると聞きました。それを克服するために、トリートメントの効果を数値として証明し、アスレティックトレーナーが提供するトリートメントの価値を高めようという試みのひとつとして導入され始めたそうです。

 

今まであまり測られることのなかった患者側のコンディションへの認知を質問紙を使い数値化して評価しようというのが患者立脚型評価の目的です。

 

最初に授業で患者立脚型評価のことを学んだとき、ただでさえ混み混みのATルームで質問紙を評価に導入するなんて、ちょっと面倒くさいなと思ったのが正直な感想でした。でもその背景を理解すると、毎回の記録が後々自分のトリートメントの効果を証明し、ひいては自分の職業の価値を高めることに繋がり得るとわかり、いつか日本でも実践したいなと思いました(ので、紹介程度に書いてみました)。

 

 

参考文献

1. Martin RL. The development of the Foot and Ankle Ability Measure, ProQuest Dissertations Publishing 2003.

2. Uematsu D, Suzuki H, Sasaki S, et al. Evidence of Validity for the Japanese Version of the Foot and Ankle Ability Measure. J Athl Train. 2015;50(1):65-70.

 

 

アスレティックトレーニング教育

 

今回はアスレティックトレーニング教育について書こうと思います。 

私は日本でも一応アスレティックトレーニングを勉強しました。それなのになぜ卒業後すぐにアスレティックトレーナーとして働くという道を選ば(べ)ず、勉強を続けることにしたかというと、日本で勉強した2年間でプロのアスレティックトレーナーとして働く自信をつけることができなかったからです。

 

アメリカでも学部のプログラムを修了し資格を得た多くのアスレティックトレーナーが大学院へ進学することを考えると、アメリカでもあまり状況は変わらないのかな、と思えなくはありませんが、私は決定的な違いがあるように感じます。

 

それは学部を卒業した直後から、大学院に進むにせよ、インターンシップをするにせよ、アスレティックトレーナー(大学院の場合GA)として働くことで生活ができる程度のお金をもらえる場合が多いということです。

アメリカではアスレティックトレーナーという職業の認知度が日本より高いということもありますが、これはアスレティックトレーニング教育プログラムや資格への世間からの信頼度が高い証拠ではないかとも思います。

 

最近では「アスレティックトレーニング教育」も科学の対象となり、アスレティックトレーニング教育プログラムも研究や調査の結果を踏まえて、絶えず改良が加えられているのを生徒である私自身も感じます。

 

今回はアスレティックトレーニング教育に関してどのような研究・調査が行われているのかをいくつか例をあげながらまとめられたらと思います。

 

先に、私は日本の大学での勉強を通してプロとして働く自信を得られなかったと書きました。アメリカのアスレティックトレーニング教育プログラムにおいても、学生がプログラムを修了する際にプロとして働く準備がどれほどできているかということは大きな関心事です。

 

アスレティックトレーニング教育プログラムを修了する大学四年生にインタビューをし、どのような要素がプロとして働くための準備状態に影響を与えたかを調査した研究1がありますが、この研究では現場実習の多様性 (diversified clinical experience) と良いメンターを持つこと (strong mentorship) が鍵だと述べられています。

 

様々なスポーツ現場で実習することにより、自分自身のスキルや能力に自信を持てるようになったり、アスレティックトレーナーという職業を多角的に理解できるようになるようです。1また、多様な経験を積むことで自分の長所や関心を理解し、自分が働きたい環境を明確化できたという声もあります。1卒業を控えた四年生の多くは自分が働きたい環境に必要なスキルや知識を求めて卒業後の進路(大学院、インターンシップなど)を決める2ということもありプログラム在籍中に幅広い経験から自分を知ることができるのは良いことなのかもしれません。

 

ここでの「メンター」とはアスレティックトレーニング教育プログラムの教授やプリセプター(実習での指導者)のことを指します。プログラム中、メンターはアスレティックトレーナーとしての役割や責任の理解を深めてくれます。1また、プリセプターは学生のロールモデルとなり、学生はプリセプターが他のスタッフとの衝突やワークライフバランスの問題にどのように対処するのかを見ながら職場での振る舞いを学びます。1,3

 

従って、この研究の結論は、プリセプターと学生間のメンターシップを促進することと、学生を多くのスポーツ現場で学ばせることが、学生のアスレティックトレーナーという職業への理解や自分のスキルや知識への自信を高めることにつながる、というものでした。1

 

日本での活動を振り返ると、私が学生トレーナーとして所属したのは女子バレーボール部のみで、現場実習の多様性はなかったと言って良いと思います。そのチームの中でのメンターは博士課程に所属していた理学療法士の方でした。監督の意向で、その方が中心というよりは、私が中心となって色々決めて、その方は私のアドバイザーのような立場で私のことを育ててくださいました。

 

確かに、バレーボールにしか関わらなかったので、そこで出会わなかった怪我、特に頭頸部の怪我には特に自信がないし、今のように毎日プリセプターと会話ができて評価やリハビリのフィードバックを貰えたらもっと自信がついていただろうなとも思います。

 

ですが、日本での経験が駄目だったとか最悪だったとは今となっては全く思いません。現在アメリカで2箇所の現場で実習をしましたが、やはりセメスター毎に実習先が変わると、大きな怪我を受傷から競技復帰までみる機会がなかったり、選手との信頼関係ができた頃に離れなければならないという側面もあります。日本(私が卒業した日本の大学)では学生トレーナーはそのチームに所属し、目標を共有し、長くそのチームと向き合います。私自身のチームスタッフとしての心構えはチームの一員として選手やコーチと同じ熱量で闘った経験から築いたものだと私は思います。

 

また、アメリカでは学生はとても手厚く守られています。資格のあるアスレティックトレーナーの監督なしでは活動ができないし、何かあったとしても基本的には監督しているアスレティックトレーナーの責任です。日本では練習や試合をカバーしているのはその部に所属する学生トレーナーだけ、なんていうのはざらにあることで、「自分がやらなければ」という状況に置かれた日本の学生トレーナーの本気度・アツさはアメリカにはあまりないようにも感じます。

 

制度的に整っているのは絶対的にアメリカですが、私が日本で得た経験も大切なアスレティックトレーナーという職業の一側面だと思うのです。

 

次はプログラムを卒業した直後のGA(graduate assistant)の評価に関しての研究4です。 GAは大学のためにパートタイムで働くことで授業料が免除され、給料が支給される大学院生のことです。学部でアスレティックトレーナーの資格を取った人が大学院で勉強を続けながらGAとして大学のスポーツチームやその周辺の高校などで働くのは、全ATCの7割以上が修士号を持っている今、メジャーな進路です。学部を卒業したあと、すぐに大学院に進学する人が多いので、GAは資格取得後、アスレティックトレーナーとしての最初の仕事である場合が多いと言えます。

 

8年以上GAを監督した経験のある21人のアスレティックトレーナーにインタビューをすると、近年のGAの知識レベルは今までになく高いことを実感しているが、自主的に働きかける能力が欠けているという課題が浮かび上がりました。

 

1992年の調査5でもリハビリ、組織づくりや運営、アスリートのカウンセリング、コーチ・親・アスリートへの教育が課題としてあげられていましたが、依然として組織作りや運営、幅広いコミュニケーションが新米アスレティックトレーナーの課題としてあげられる4ということは、アスレティックトレーニング教育プログラムではこれらの経験を在学中に学生が得られるよう強調していかなければならないのかもしれません。

 

先にアメリカの学生は守られていると述べましたが、アメリカでは自分から積極的に行動しないと学生がコーチとコミュニケーションを取る機会も限られているし、アスレティックトレーナーが選手を管理するという視点も学生では持ちにくいのではないかと感じます。

 

私もまだ学生で偉そうなことは言えませんが、生徒側もこのような視点を持つことはとても大切だと思うのです。守られている環境に安住せず、自分が雇われていると思って実習をすれば、もっと働く上で重要な力をつけられるだろうなと思います。

 

私は将来、日本の大学でアスレティックトレーナーを教えたい・日本のアスレティックトレーニング教育を充実させたいという思いがあります。確かにアメリカのアスレティックトレーニング教育はとても進んでいますが、ここに書いたように課題もまだあります。大切なのは課題を把握し「より良い」を求めて議論をすることではないでしょうか。

                                       

                                    f:id:miwakosuzuki:20170519002541j:plain

 

参考文献

1. Mazerolle SM, Benes SS. Factors influencing senior athletic training students’ preparedness to enter the workforce. Athl Train Educ J. 2014;9(1):5-11.

2. Mazerolle SM, Gavin KE, Pitney WA, Casa DJ, Burton L. Undergraduate Athletic Training Students' Influences on Career Decisions After Graduation. J Athl Train. 2012;47(6):679-693.

3. Mazerolle SM, Borland JF, Burton LJ. The Professional Socialization of Collegiate Female Athletic Trainers: Navigating Experiences of Gender Bias. J Athl Train. 2012;47(6):694-703.

4. Thrasher AB, Walker SE, Hankemeier DA, Pitney WA. Supervising Athletic Trainers' Perceptions of Graduate Assistant Athletic Trainers' Professional Preparation. Athl Train Educ J. 2015;10(4):275-286.

5. Weidner TG, Vincent WJ. Evaluation of professional preparation in athletic training by employed, entry-level athletic trainers. J Athl Train. 1992;27(4):304-310.