PAPYRUS

アメリカの大学院でアスレティックトレーニングを学んでいます。考えたことや調べたことを残しておく目的でブログを書いています。

FAAM 日本語版

少し前に患者立脚型評価のひとつであるFAAMについてブログで紹介しました⬇️ 信頼性・妥当性ともに検証済みの日本語版FAAMの存在1も紹介しましたが、その記事を書いたときには実際のファイルは入手できずにいました。 ですが、六月末にあったNational Athleti…

スポーツ中の突然死 - 心臓疾患とメディカルチェック

6月5日から3ヶ月弱、「スポーツ中の突然死を防ぐ」というミッションを掲げ最先端の研究や教育活動を行う、Korey Stringer Institute(http://ksi.uconn.edu)という機関でインターンシップをさせていただけることになりました。 KSIの紹介動画です。 熱中…

動画: あとでもう少し詳しく見る用

腰か仙腸関節か - 仙腸関節機能障害のスペシャルテスト

前のセメスターで下肢の評価を学びました。その中で仙腸関節の評価も少し触れて、面白いなと思ったことがあったので書いておきたいと思います。 仙腸関節の痛みは仙腸関節が位置するお尻のあたりに出ることが多いですが、腰椎や仙骨からの症状と似ているとき…

FAAM - 患者立脚型評価

今回は患者立脚型評価 (patient-reported outcome) のひとつであるfunctional ankle ability measure (FAAM) を紹介しようと思います。 まず、患者立脚型評価とは何かというと、傷害や疾患に関して患者自身が行う評価です。多くの場合、質問紙形式で、患者は…

アスレティックトレーニング教育

今回はアスレティックトレーニング教育について書こうと思います。 私は日本でも一応アスレティックトレーニングを勉強しました。それなのになぜ卒業後すぐにアスレティックトレーナーとして働くという道を選ば(べ)ず、勉強を続けることにしたかというと、…

怪我をしやすい心理・リハビリが長引く心理

リハビリテーションの授業で使っている教科書に『Psychological Aspects of Rehabilitation』という章がありました。テスト勉強のためにじっくり読んでいたのですが、面白いなと思ったのでまとめてみることにしました。 思えば今まで、怪我をした選手の身体…

CAI 論文レビュー: Sensorimotor Function

続きを書くと言いながら、全然書けていなかった記事がたくさんありますが、その中のひとつ、CAI (Chronic Ankle Instability) に関して、最近授業で読んで面白かった論文があるので日本語でまとめてみようと思います。 1年前にCAIについて書いた記事がある…

今更だけど羽生くんの一件を考えてみる。

今更ですが、2014年にあったフィギュアスケートの羽生くんの試合直前公式練習での衝突事故、それから棄権せずに試合に臨んだ一件について考えてみようと思います。 日本では大きなニュースになったと思うので何があったかを知らない人はあまりいないと思いま…

最初の学期終了!!

昨日、3つ目の試験を終え、修士課程でのひとつ目のセメスターを終えました。とっても大変だった!でもとっても楽しかった!! 勉強しなければいけない量も多いけれど、授業でやることがとても面白くてそこから自分で勉強したいことも多くて、なかなか忙しい…

初めての大学院生活

4月の終わりに書き始めた記事があったのですが、日本への一時帰国や、帰国後の時差ボケ・歯痛事件でブログを書く手も止まっていました。6月6日からは待ちに待った大学院の授業も始まり、あと1週間ほどで1ヶ月経ちます。夏のセメスターは7月いっぱいで…

水分補給を学ぶ

何よりもまず最初に。 熊本を中心に九州で被災された方々、また九州に大切な人がいる方々に一刻も早く心休まる時間が訪れるようアメリカからも祈っています。 __ 今回は水分補給を勉強してみましたが、まとめる前にちょっと宣伝をさせていただきます。アメリ…

FASCIAって何者?

色々と書き始める前に。 ついについに大学院の合格通知をいただきました!第一志望のIndiana State Universityです。色々な方にお世話になってやっと掴んだ、というか与えてもらった大事な大事なチャンスです。 頑張らなきゃな、と身が引き締まるとともに、…

Carbohydrate Loading? II

前回の記事では、carbohydrate loadingの根本的な考え方を説明しました。 今回はもう少し実践的な話題に触れていきたいと思います。 前回の記事で説明した通り、強度の高い持久系のエクササイズにおいてはグルコース/グリコーゲンがとても重要なエネルギー源…

Carbohydrate Loading? I

3月の終わりにExercise Physiologyのクラスでグループプレゼンテーションがあります。テーマはCarbohydrate Loading (carbohydrate: 炭水化物, loading: 詰め込み)。 せっかくたくさん調べるなら、何年経っても忘れないように日本語でもまとめておこうと思い…

テスト勉強 II : Fate of Lactate

前回の記事では3つのenergy systemの大まかな説明をしましたが、今回はlactate (乳酸塩)・lactic acid (乳酸) に焦点を合わせてまとめてみたいと思います。 乳酸といえば『疲労物質』のイメージが強いのかなと思います。確かに乳酸がたくさん作られて、身体…

テスト勉強 I : Energy Transfer

Exercise Physiologyのクイズが明日、それから2回目の試験が金曜日に迫っているので復習をしようと思いますが、私的にはとても面白い章なのでブログにもまとめてみようかと思います。 教科書の内容の復習なので、これを読んでくださっている方々にとっては新…

シンスプリントって。

何に関してまとめてみようか、と考えるとき、まだATプログラムにも入っていない私が課題を探す場所はいつも日本での学生アスレティックトレーナー時代の記憶です。という訳で、今回はシンスプリントについてまとめたいと思います。 シンスプリントには色々な…

"体幹トレーニング" を考える

何年か前から頻繁に聞かれるようになった「体幹」という言葉。 「体幹を使え」「体幹を鍛えろ」みなさんはどのように解釈していますか? 私自身も日本での学生トレーナー時代、それなりの根拠を持っているつもりで日々のトレーニングのメニューやリハビリの…

Neuromuscular Changes (後半: Chronic Ankle Instability)

前回の予告通りChronic Ankle Instability (CAI) についてまとめようと思います。 その前に。スポーツをやっている、もしくはやっていた人の中には足首の捻挫を経験した人は多いのではないでしょうか?というのも、スポーツに関連する傷害の中で足首の捻挫 (…

Neuromuscular Changes (前半)

今日はChemistry (なぜか今さら履修せねばならない...) とExercise Physiologyの試験がありました。先週はClinical Kinesiologyの試験もありました。セメスターを4つに分けると、最初の4分の1が終わるのがこの時期。試験も多い訳だなぁと思います。 さて、私…

動き出そう

初めましての方もそうでない方もこんにちは。 Indiana State UniversityでAthletic Trainingを専攻しているSuzuki Miwakoと言います。 私は少し複雑な道を歩んでここまで来たので、そのことをまず説明させていただきたいと思います。 日本の大学を一度卒業し…

やりたいことはなんだろう

自分のやりたいことが見えなくなってきているので、少し考えを整理するためにブログを書いてみようと思います。 日本の大学生時代、3年生の終わりあたりから周りのみんなが就活でばたばたし始めたのを横目に、私は「しゅうかつ」の「し」の字も考えずに進学…