PAPYRUS

アメリカの大学院でアスレティックトレーニングを学んでいます。考えたことや調べたことを残しておく目的でブログを書いています。

Neuromuscular Changes (前半)

今日はChemistry (なぜか今さら履修せねばならない...) とExercise Physiologyの試験がありました。先週はClinical Kinesiologyの試験もありました。セメスターを4つに分けると、最初の4分の1が終わるのがこの時期。試験も多い訳だなぁと思います。

 

さて、私の最近の関心事は専ら受傷後のNeuromuscular系の変化です。Neuromuscularとはこの単語の構造からも予想ができるかもしれませんが、Neuro (神経)とmuscular (筋肉)のことです。

 

「身体を動かす」というと一番に思い浮かべるのは筋だと思いますが、筋が働くよう命令を出しているのが脳、そしてその命令を伝えているのが神経。つまり神経と筋の間でコミュニケーションが行われることで私たちは身体の動きをコントロールできているのです。

 

話は変わりますが、何らか怪我をしたあと、予期せぬ症状に悩まされた経験を持つ人はいませんか?

 

例えば、膝の"靭帯"を損傷したのに、膝の上の"筋"のボリュームが減ってきた。はたまた力を入れる感覚さえよく分からなくなった。などなど。

 

損傷した構造と別の組織が機能低下を起こすことは少なくありません。私たちの身体は様々な"変化"に適応する能力を持っており、「怪我」、つまり体内での非常事態に際し、様々な適応がなされます。そして時としてその適応が思わしくない結果をもたらすことがあります。それが私の関心事であり、上で例を挙げたような状況です。

 

受傷後の機能低下、これはアスレティックトレーナーとしてリハビリをする際、避けては通れない問題です。受傷後、可能な限り機能を落とさないこと、それから制限されてしまった機能を出来る限り回復させて、プレーに戻すのは私たちが最善を尽くすべき大きな役割です。

 

受傷後の組織にどのような反応が起こり、それに対してどのような適応がなされるのか。そして好ましくない適応を防ぐには、(起きてしまった場合) 解除するにはどのような方法が有効なのか。これらを知ることでアスレティックトレーナーは効果的にリハビリを進めることができるのではないかと思います。また、そうすることが再受傷を防ぐ上で重要になることも間違いないでしょう。

 

次の記事ではChronic Ankle Instabilityを例にとって考察してみようと思います。

                                          f:id:miwakosuzuki:20170212094439j:plain